スリッポンで気楽なカジュアルスタイル

スリッポンは靴紐が存在せず、容易に脱ぎ履きができる靴です。広い意味では靴紐のない革靴であるローファーなども含まれますが、ただ「スリッポン」といった場合は、スニーカータイプの靴を示すことがほとんどです。ちなみに語源は英語の「slip-on」からきています。
その構造もあってか、スリッポンには「楽をするための靴」「安上がりな靴」というその場しのぎや間に合わせのアイテムに近いイメージが浸透しています。しかしながら、しっかりと探せばスリッポンにもファッショナブルな靴はたくさん存在しているのです。今では多くの優良メーカーがスリッポン市場に参入しており、選択肢もよりどりみどり。
楽をしながらもファッショナブルというオトクなアイテムを見逃すのは大損です。先入観を捨てて、スリッポンへの評価を見直してはみませんか?

スリッポンの元祖にして定番「VANS」

スリッポンならコレと言えるほどの定番ブランド、それが「VANS(バンズ)」です。VANSのスリッポンは販売されるや否や中学生や高校生の間で大ブームを巻き起こし、スリッポンという存在を世に知らしめました。比較的安価で手に入れやすかったことも大きかったのでしょう。
そんな中高生向けの印象が強いVANSですが、若干高めの年齢層でも着用できるスリッポンも販売しています。デザインはチェッカー柄など派手なものが多いのですが、ジーンズなどと合わせるとそのキャッチーな見た目が意外なほど調和するようにつくられています。特にカジュアルなスタイルに馴染みやすいでしょう。
スリッポンの第一人者だけあり、カラーやデザインのバリエーションも豊富。様々なシーンやファッションに合わせたスリッポンを選ぶことが可能です。

シンプルなデザインからにじみ出る高級感「POLO RALPH LAUREN」

「POLO RALPH LAUREN(ポロ ラルフローレン)」はポニーの刺繍で有名な人気メンズシューズブランドです。全世界で幅広く展開しているこちらもスリッポンを販売しており、有名ブランドながらもお手頃な価格であることも手伝って、安定した人気を集めています。
ラルフローレンのスリッポンは比較的シンプルで、多様なスタイルに無理なく合わせられるストイックな仕上がりになっています。前面にはブランドのマークもしっかり刺繍されており、洗練された高級感を演出。また、シンプルながらもラインカラーをアクセントにすることで、ボトムスに埋もれない存在感を発揮しています。

ハンドメイドの天然素材スリッポン「UGG」

「UGG(アグ)」はすべて天然素材を用いてハンドメイドで靴を生産しているブランドです。中でも人気の高いシープスキンブーツで存在を知った方も多いのではないでしょうか。
このアグもスリッポンを生産しています。こちらはレザーを用いたスタンダードなデザインのスリッポンとなっており、簡素ながらもハンドメイドならではのしっかりとしたつくりがウリです。
レザーのスリッポンは足元に落ち着きを与えてくれるため、カジュアルファッションに合わせることで、軽薄になりすぎないよう全体の印象を整えてくれるでしょう。もちろんストイックスタイルやクラシックなボトムスと共にビシっと決めるのもアリです。大人らしい色気をかもしだすスリッポンと言えるでしょう。



Copyright© 2014-2018 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.