サイズミスで出不精に~完璧な靴で命を燃やせ

靴のサイズ選択をミスすると、外に出るのがだんだんと億劫になります。縦横が窮屈な靴では、仕事にも遊びにも身が入らないでしょう。もちろん、大きすぎる靴でも同じことが言えます。常に足元に気を取られて、それ以外のことを考えられなくなるでしょう。

出不精から友達を失くす

友達からの誘いがあっても、窮屈な靴、ボロボロの靴しか持っていなければ、当然出不精になります。そして何度も誘いを断ることが度重なると、当然友達からの信頼も失うことになるでしょう。

「靴がきついからさ…」そんな言い訳、誰も真剣に耳を貸してはくれません。「俺とは遊びたくないんだろう」と、ただそう思われるだけです。間違った靴選びのせいで、友達や恋人・パートナーを失うのは、あまりにも虚しすぎる話だと思いませんか?

いずれ仕事にも支障が…!?

サイズの合わないビジネス靴も、さっさと買い替えてしまいましょう。履いていればそのうち足に馴染んで気にならなくなる…と考えている方もいるかもしれません。しかし、どんな靴も、横に伸びることはあっても、決して縦に伸びることはないものです。

いつまでも違和感のある靴を履いていると、必ずあなたの仕事ぶりも悪くなります。取引先と話をしているときにも足元が気になり、チーム内で打ち合わせをしているときにも足元が気になる…そんな状態では、決してスムーズに仕事を運んでいくことができません。

元気な男は靴が違う!

パワフルに活動し、仕事もバリバリとこなす男たちの足元に注目してみてください。きっと、その人のファッションにぴったりの靴を履いているでしょう。元気とは、足元からやって来るものです。足にフィットした靴ならば歩くことで血行がよくなり、身体の調子も良好に保つことが出来ます。しかしミスマッチの靴を履いている人は関節や筋肉のどこかに無理がかかり、歩くこと自体が苦痛になります。

人間の運動の基本は歩くこと。それがままならなくなれば、肥満やEDなどの生活習慣病になるリスクも高くなってしまいます。発症してしまったら早めに医師に相談して食餌療法やバイアグラの処方など治療を受ける必要がありますが、不適切な靴が遠因となっている可能性もあります。靴選びとは、人生のクオリティにも関わってくる重要な問題でもあります。

靴のせいで暗い人生を歩まないように、チョイスには細心の注意を払ってください。デザインはもちろんですが、サイズをミスすると、たちまちその靴は「用済み」です。男としての「格」を上げるためにも、毎日履く靴の選択に、アバウトになってはいけません。



Copyright© 2014-2017 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.