男の靴選びのルール

サイズミスは不健康の素、調整してしっかり履くべし

店頭で見つけた靴にちょうどいいサイズがない、履き始めはちょうどよかったのに段々とサイズが変わってしまった……など、靴のサイズにまつわるトラブルは尽きません。もちろん購入する際にしっかりと考慮するのが一番なのですが、どれだけ気をつけてもどうしようもないこともあるでしょう。
しかし、だからといってサイズの合わない靴をそのまま履き続けてはいけません。サイズの合わない靴は足や体の健康を害してしまいますし、無理に履き続ければ病院のお世話になる羽目になるでしょう。
サイズが合わないのなら、合わせる工夫をするべきです。ものや事情によっては、ちょっとした工夫でぴったりフィットさせることもできるのですよ。

≪大きい靴の健康面でのリスク≫

当然ですが、自分の足より小さい靴を履けるようにする方法はありません。ですので、ここで紹介するのは大きい靴を自分の足に合わせる方法です。
大きい靴を履いて歩いていると、体の重心がどうしても前方にかたよってしまいます。すると足がつんのめって、指先が潰されるような体勢になってしまうのです。結果として足の指が変形して痛み出したり、また靴のかかとと足の動きがズレることで靴ずれを引き起こしたりしてしまうでしょう。

≪大きすぎる靴は見た目もカッコ悪い!≫

また、大きい靴は見目もよくありません。
大きい靴は脱げやすいため、意識してもしなくても、つい靴を気にした歩き方になってしまいます。その様子を傍目から見るとぎくしゃくしていて、正直カッコ悪いことこの上ないのです。その状態が長続きすると、ガリ股になって靴を押さえつけたり、足を擦るような歩き方が染み付いてしまったりすることもあるのです。これが定着してしまうと、他の靴を履いてもカッコ悪い歩き方になってしまって苦労することに……。
また、あんまり大きすぎる靴を履いていると、なんだか見た目が子供っぽくなってしまう弊害もあります。まるでサイズの合わないお下がりを履いているような姿になってしまうのですね。立派な成人男性として、これは流石にみっともないものです。

≪大きい靴を合わせる方法は?≫

サイズの大きい靴を合わせるスタンダードな方法は、靴下を工夫することです。ちょっとしたサイズのズレなら普通の靴下を履けばよいですし、厚手の靴下を履けばより大きなズレも埋めることができるでしょう。
また、中敷きを入れるのも定番です。靴屋に関連アイテムとして販売されていますし、また店によっては中敷きを試着できるところもあります。季節によっては靴下を着用するのがツラいこともありますので、出費を気にしないのであれば靴下で調整するよりも、中敷きを探すほうが良いかもしれません。
靴が長く、先端にスペースが空いてしまっている時は、つま先にものを詰めるのがよいでしょう。クッションや布など手近なものを詰めても大丈夫ですし、詰め物専用のクッションも販売されています。専門のアイテムは足の指に負担をかけないようにつくられていますし、ものによっては汗を吸収して臭いを抑えたり、外反母趾などを調整してくれたりする効果もあります。こちらもまた、出費を覚悟できるのであれば専門のアイテムを買うほうが良いでしょう。