サンダル履くなら素足のケアを

サンダル履きをしていると気になるのが足。角質でガチガチになってしまったかかとではせっかくオシャレなサンダルを履いていても台無しです。完璧なサンダルスタイルを目指すなら、ぜひとも足のケアも忘れずに行いましょう。

角質ケアでつるつるかかとに

今や足の角質ケアは女性だけのものではありません。若い世代では日常的に化粧をし、ネイルまでする男性がいるくらいですので身だしなみとしてケアするのは基本ですよ。

角質ケアをする方法は大きく2種類あります。軽石やリムーバーなどで角質を削り落とす方法と、薬品などを使って優しくはがす方法です。どちらも最終的にはつるつるのかかとを目指せますので使い心地など、好みに応じて選んでください。

まず軽石やリムーバーを使って削り落とす方法は角質を削り過ぎたり周囲の皮膚を傷つけやすいといったデメリットはありますが、すぐに効果が実感できて道具も繰り返し使えるのでコスパもよし。軽石といった古くからのケア用品なら100円ショップでも購入できるので、気軽に始められるケア方法でしょう。方法は蒸しタオルや入浴中など、適度に角質を柔らかくした状態で削ります。ただお風呂に入っているときや足がふやけている状態で使うと角質を削り過ぎてしまうので避けてください。角質を削り過ぎると体の防御反応により、さらに分厚い角質ができてしまいます。しかも周囲の皮膚を傷つけてしまうのでふやけた状態で使うのはやめておきましょう。また角質を削り落としたあと、クリームで保湿して靴下を履くのを忘れないでくださいね。

次に薬品などを使ってはがす方法。ジェルなどで角質をじっくりと柔らかくし、その後1~2週間かけてゆっくりと角質をはがしていきます。完璧に角質を取り除くまで時間がかかるうえ、はがれきるまでポロポロと角質が落ち続けるので見た目があまりよくありません。ですが角質だけをピンポイントで取り除いてくれ、周囲の皮膚を傷つける心配もなし。さらに角質を取り除きすぎないので分厚い角質が新しく出てくるのを防いでくれます。

ほかにもかなり時間はかかりますが、ピーリング剤を使って少しずつ角質を磨きとっていく方法もあります。ですが分厚くできた角質にはあまり効果がないので、削るかはがすかどちらかを使う方がおすすめです。また裏技的な方法ですが、薬局で売っているグリセリンカリ液を使うというものも。本来はひびやあかぎれの治療用として販売されていますが角質をとかし、保湿する作用があるので角質ケアにも使えます。さらに虫刺されなどで黒ずんでしまった部分にも使えるので、試してみてください。

水虫ケアも忘れずに

そして角質ケアだけでなく、男性には多い水虫ケアも忘れずに。もちろんすでに治療を続けている人もいるでしょうが、放置しているなら治療をおすすめします。治療法はドラッグストアなどで水虫治療薬を購入するのもいいですが、皮膚科を受診するのがいいです。やはり処方薬は市販薬と比べると効果が段違いですので、治りも早いはず。しっかりと指示通りに使えば再発もしにくいので、ぜひ一度皮膚科へ相談してみてください。

なかにはこの程度で病院なんてと思う人もいるかもしれませんが、最近は些細なことでも受診をすすめている時代です。最近ではED、薄毛、ニキビですら受診するよう呼びかけるCMが流れていますね。それぞれ効果的な治療薬が開発され、EDならバイアグラ、薄毛ならプロペシアといった処方薬が登場しています。セルフケアで治らないこともないですが、どうせなら短期間でしっかりと治った方がいいですよね。長引いて悩みが深刻化する前に、水虫だけでなくEDや薄毛といったものも専門医に相談してみるのがおすすめですよ。

足のケアにまで意識を向ける男性は、かなり少数なはずです。ですがサンダルを履くと意外とかかとのガサガサは目立っていて、見られています。せっかくオシャレに決めても、ガサガサかかとが目立ってしまっていると女性はドン引き。ぜひサンダルスタイルを取り入れるならその前に足のケアを忘れないようにしてください。



Copyright© 2014-2017 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.