ビジネスではく靴がわからない?とりあえずリーガルを

革靴と一口に言っても様々な種類やブランドのものがあります。そして靴の種類はもちろんブランドでもマナーがあり、知っていないと仕事で恥をかく可能性もゼロではありません。しかしいきなりすべてを覚えるのは大変でしょう。

ですのでまず知っておくべきは定番のもの、当たり障りなくはけるブランドのものを選んでおくのが一番いいです。以上のことを踏まえたうえで、日本のビジネスシーンでもっとも一般的な革靴、リーガルについて紹介しましょう。

実は国内ブランド!古い歴史をもつリーガル

意外とリーガルがどこのブランドかについて知らない人は多く、名前の感じからして多くの方が海外のものと思っているようです。しかし実は、れっきとした日本の企業であり、もともとの名前は日本製靴株式会社でした。

しかし創業してからまもなく、アメリカのリーガル・シューと提携し、会社名を改めることになったそうです。余談ですが、上記のリーガル・シューはすでに廃業していて、ブランドは日本にしかありません。

以来、日本人ならではの物作りを貫きとおしてきたリーガルは日本における靴の歴史そのものと言えるほど、長いあいだ製造を行ってきました。美しさと健康を追求し続けた製品は、ビジネスシューズとして重宝されています。

安くて高品質!なのにおしゃれなイメージがない?

魅力的な点は色々とありますが、多くの方にとって嬉しいのが価格です。ブーツは材質などの都合上高くなりがちで、一般の人にとってはかなりの出費になります。スーツと一緒に買いそろえる時大変だった方も多いでしょう。

しかしリーガルの靴は一〜二万で買うことができ、新社会人の方でも手を出しやすい値段となっています。くわえて一般的なものとして知名度が高いので、誰もが知っている安心感があり、気取っていると見られることもありません。

手頃な値段で一般的と聞くと「かっこよくないもの」というイメージを抱く方もいるかもしれません。確かに安いものは品質がよくありませんし、ブランド好きな人は「リーガルか」と言う人もいます。

海外ブランドにも負けない!靴好きは本当のよさを知っている

ですがリーガルも高いものは海外ブランドにも負けない品質のよさがありますし、低価格なのも国内品ですので製品はしっかりしています。革靴が好きで多くもっている方ほど、リーガル・ブランドの素晴らしさを理解しています。

唯一の難点と言えば、海外ブランドでないのでインポート好きの人にあまりよさが知られていないことぐらいでしょう。海外特有の派手さのようなものがデザインにないので、日本的なデザインに興味のない人には縁がありません。

しかし上質なものは縫いも細かくとてもきれいな仕上がりになっており、我が国ならではの職人的なすごさがあります。ですのでもしビジネスではく革靴に困っているのでしたら、とりあえずリーガルを選んでおくといいでしょう。



Copyright© 2014-2017 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.