ブーツはレッドウィングで!

1905年、アメリカミネソタ州のレッドウィングで、チャールズ・ベックマンがその仲間たちと作ったのが、「レッドウィングシューカンパニー」です。赤い羽根がロゴマークで、今もなおアメリカ国内での生産に拘り続けています。

レッドウィングは履けば履くほど自分の足にフィットするところが魅力だと言えるでしょう。これは、インソールとアウトソールの間に敷き詰められたコルクが、歩く事によって、所有者の足の形と同様に沈んでいく製法だからです。長く履く事によって劣化してしまうのではなく、味が増すところも魅力の1つですよね。レザーの質とソール部分を取り替えれば10年単位で履く事が可能なので、気に入った物を大事に長く履いていきたいという人にとてもオススメのブーツです。

アイリッシュセッターとは?

アイリッシュセッターとは1952年に作られた「877」の事で、レッドウィングを代表する伝統的なモデル。この「877」が、当時のレッドウィングの現在の地位を確立させたモデルだと言っても過言ではありません。後に発売された「875」もアイリッシュセッターと呼ばれています。現在の「8875」が当時の「875」の事で、こちらが現在のレッドウィングを代表するモデルだと言えるでしょう。

トラクショントレッドソールとは?

トラクショントレッドソールは、別名クレープソールやホワイトソールとも言われています。軽量で足音がしにくいのが特徴で、狩りをする際のブーツのアウトソールに最も適していると言われていました。グッドイヤーウェルト製法で縫い付けられたこのアウトソールは、現在でもレッドウィングの主流になっています。

レッドウィングの代表モデルは?

ベックマンをはじめ、クラッシクワークやモカシントゥ、ラウンドトゥ等があげられるでしょう。こちら、類似品が低価格で売られている事がよくありますので、十分気をつける必要があります。

レッドウィングジャパン

日本では、レッドウィングジャパンが輸入から企画、生産までを行っていて、アメリカのレッドウィングとはモデルや型番等が異なります。

ポスター&カタログ

画家のノーマン・ロックウェルが描いた絵が、レッドウィングのポスターやカタログになりました。ワークブーツを履いて仕事をしている人の絵で、当時話題を集めた事は言うまでもありません。

レッドウィングは世界のワークブーツの中でもトップブランドにまで成長しました。ブーツ上級者からも好まれるその品質は、もちろん最上級だと言う事ができます。単に安物を履きつぶすのではなく、とにかく品質の良い物を大事にしていきたいという人にピッタリのブーツです。10年単位で履けるブーツなので、こまめにお手入れしながら履いてもらいたい、オススメの1足です。



Copyright© 2014-2017 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.