女性を気づかう紳士の証!?エナメル靴でパーティーに参加

パーティーと言えば男性はタキシードにエナメル靴をはいていくのが常識ですが、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。昨今は普通の靴で出席する方もおり、以前は当たり前だったマナーも通用しなくなってきています。

礼儀や作法というものは時代とともに変化しますし、タキシードを着るような機会がある人もそうはいません。しかし万が一、盛大な催しに招かれた際に恥をかかないよう、正装時の靴について知識をつけておいた方がいいでしょう。

エナメルの光沢は下品?正装に選ばれた理由は何??

一見するとぴかぴかと光り派手で、ものによっては下品に見えてしまうこともあるエナメル靴は、ただ煌びやかだからパーティー用というわけではありません。実は普通の革靴と決定的な違いがあり、それが理由となっています。

フォーマルな装いに用いられるようになったのは、女性のドレスが関係しているそうです。察しのいい方はお気づきかもしれませんが、エナメル靴はドレスに触れても汚れをつけません。

逆に、普通の革靴は汚してしまいます。なぜなら靴をきれいにするために黒い靴墨を用いたからです。エナメルは基本的に汚くなったら拭くのみしか手入れの仕方がないので、触れたとしてもドレスを台無しにしません。

エナメル靴は紳士の証、しかし現代では変化しつつある!?

つまりパーティーでエナメル靴をはいていくということは、女性を気づかう気持ちの表れであり、紳士の証とも言えることでした。ただ、マナーと言っても昔の話で、現在では国や場所によってふさわしい靴は異なります。

例えばフランスでは石や金属や皮など自然の素材を使ったものが上等とされており、合成皮革などはものによってはよくないものとされているそうです。ですからパーティーなどには、普通のブーツをはいていった方がいいです。

さらに国内でも葬儀の場合などに、合皮やビニール製のものを身につけるのは逆によくないという意識も少なからずあります。ましてやエナメルの靴のような光沢のあるものをはくのは、問題外でしょう。

時と場所に合った靴を、そしてきれいな女性と知り合おう!

要するに、けっきょく今の時代に合わせた正装を心がければいいだけであり、困った時は一緒に出席する誰かに聞いてみるのが賢い選択です。近くに友人がいないのなら、靴屋に聞いてみるのも一つの手でしょう。

ただ、もしもタキシードを着るようなパーティーに呼ばれた時は、選択肢のひとつとしてエナメル靴を頭に入れておくといいかもしれません。くわえてなぜエナメルかという話を覚えていれば、女性と話すきっかけにもなるでしょう。

女性に対する気遣いからエナメル靴をはいてきた、そんなあなたなら、女性をエスコートするのもエレガントにできることでしょう。そのまま自然に一夜をともに過ごすこともあり得ない話ではありません。彼女を最後まで楽しませるために、素敵なカフェやバーを予めピックアップしておいたり、ゆったり過ごせるホテルの部屋をスマートに押さえられるよう準備をしておいた方がいいでしょう。さらに入念に用意するなら、万が一下半身が役に立たず女性を傷つけることのないようにバイアグラなどのED治療薬を用意しておけばパーフェクト・ジェントルマン。靴だけでなく生き方そのものがかっこいい男性といえます。



Copyright© 2014-2017 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.