オーバーエイジのための激渋ニューバランス

「履きやすさ」に定評のある、ニューバランスのスニーカー。オーバーエイジにも似合うのは、レザーの「M576」と、ジョブズが愛用していた「M993」でしょう。2足とも手に入れたら、他には何もいらないかも!?

中高年にはマストな品がいくつもあります。車、時計、ジーンズなど、外面的な魅力を演出するためのもの、そして長年培った教養、あるいは男性力を維持するためのバイアグラ…。そして外してはいけないもう1つのカギが、ニューバランスのスニーカーです。特にオーバーエイジに似合う2つのモデルを、紹介します。今週の土日に探しに行きましょう!

シックなオヤジのスニーカー M576

ニューバランスはカジュアルな印象の強いブランドですが、渋いモデルのスニーカーも多作しています。その代表格が、「M576」と呼ばれるモデルです。丸っこいフォルムに少しゴツめのブランドイコン「N」。若者には似合わない、貫録と遊び心があります。

シックな光沢を放つレザーが、高級感を漂わせます。「576」シリーズの中でもコードバン(馬のでん部)を使っているモデルとして、もっとも高い人気を誇ります。魅力は外見だけではありません。日本人なら誰でも、しっくりとした履き心地が楽しめる構造です。

2万円以上の定価をつけていることからも、この商品に対するニューバランスの自信が伝わってきます。廉価版の「574」でも、オヤジの足元はばっちりと決まるでしょう。

故ジョブズ愛用 M993

アップルの前社長、スティーブ・ジョブズが愛用していたことで知られる「M993」もニューバランスのスニーカーの主戦力です。ややぼってりとしたデザインが、逆に可愛らしくてオシャレ。どこかスポーティーな印象も漂う、街履きに最適なスニーカーです。

カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいところ。きっとあなたのファッションにぴったりの一足が見つかるでしょう。定番のカラーは、薄めのグレーです。汚れても何度も洗って大切にしたくなるような、愛着の湧くスニーカー。履きこなせば、人生の相棒のように思えることでしょう。ちなみに定価は、これも2万円近いお品になります。価格ドットコムなどで情報を見てみれば、もう少しお安く売っているショップが見つかるかも…。

ニューバランスの靴は、基本的に軽量で「履きやすい」という定評を得ています。廉価なモデルを購入して、「地元履き」にしても良いかも。ちょっとコンビニに行くときにもニューバランスを履けば、すれ違う人たちの視線が変わるかもしれませんよ。



Copyright© 2014-2017 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.