季節で変わる素材・色

靴選びに大切なのは、季節感を考慮すること。年中同じスニーカーで歩いている人も多いかもしれませんが、それは問題外。素材・色を季節のイメージに合わせながらコーディネートできる人だけが、「モテ」と仕事を掴みます。

季節感を考えて、靴を選びましょう。まさか真冬にサンダルを履く方はいないと思いますが、ファッション初心者は季節感のミスを犯しがちです。たとえば、冬場にキャンバス地のスニーカーを履くのは、寒々しい印象がしてNG。色合いなども一緒に考えましょう。

春の靴はどうする?

どんどん風も暖かくなり、草花も花をつけ始める春は、明るいパステルカラーの色が定番です。その年によって流行色もさまざまですが、ベージュやホワイトなどの色をチョイスすればまず間違いはありません。暗いイメージのある黒やブラウンは、基本的にNG。

素材は、爽やかなイメージを与えるキャンバスがおすすめです。革素材の靴で歩いていると、足が蒸れるなどの現実的な害もあります。ブーツももちろんOKですが、「丈」についてはよく吟味しましょう。膝下まであるようなロング丈は、おすすめできません。

夏はサンダル…だけじゃなくて

むしむしと暑い日本の夏…足元の定番は、サンダルです。最近では、クロックスなどが大流行しています。しかし、もちろん夏の日のすべてをサンダルで過ごすわけにはいきません。恋人とショッピングをしたり、遊びに行ったりするときのために、他の靴も当然必要です。

夏の「よそ行き靴」はスニーカーです。さすがにこの時期までブーツを履くのは感心できません。色合いも、努めて明るいものを選びましょう。ハーフパンツを穿くことも多くなるので、足元に過激なデザインの靴を持ってくるのも、コーデ術の1つです。

秋冬から始まるブラウンと黒

秋と冬の靴は、基本的に素材は同じでOKです。レザー、ムートンのブーツが中心となって活躍します。色合いとしては、ブラウン系統とブラックがおすすめ。色のルールを守ってスニーカーで歩いても良いでしょう。

本格的な冬になれば、白を使うのも悪くありません。ただし、よほどうまく上下をコーディネートしなければ、冬の白は似合いません。オシャレ初心者の方は、無難にまとめておくべきです。

季節によって、最適な靴の色・素材は変化します。年中、同じ黒のスニーカーを履いて歩き回っている人はいませんか?その靴で、恋愛・仕事のチャンスを逃しているかも…。



Copyright© 2014-2017 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.