ぴったりの靴を選ぼう

おしゃれな靴でビシッと決めるのも素敵ですが、自分の足にあっていないと結果的には悪い影響を与えます。足の痛みや膝痛、腰痛などを始め、歩くときの姿勢も不格好になってしまうんだそうです。それではせっかくかっこいい靴を持っていても、魅力は半減してしまいますね。足元をかっこよく決めることも大事ですが、自分の足にぴったりとあった靴を選びましょう。

ぴったりの靴を選ぶポイント

ぴったりの靴を選ぶポイントは、しっかりと自分の足とフィットしてくれるかどうかにかかっています。サイズの大きさはもちろん、足の甲の高さや幅なども細かくチェックして選んでいきましょう。

・隙間ができるだけない靴を
歩きやすいラクな靴というと、足を締め付けすぎないゆるいものといった印象を持っている人が多いはずです。しかし靴選びの専門家からすると、側面や甲の部分に隙間があり過ぎる靴は逆効果なんだそう。靴のなかで足が大きくズレてしまい、無意識にバランスをとろうとしたりするため疲れやすくなるそうです。

そのためつま先部分はさておき、側面や高さ、かかと部分ははきにくいなと感じるぐらいのものを選ぶのがおすすめ。そのてん紐靴だと紐を締め付けることで調節ができるので、どんな足のタイプでも比較的フィットしやすいですよ。

・つま先のかたちを自分に合わせる
そしてもうひとつ大事なのがつま先のかたち。男性だとはく靴のタイプは女性ほど多くはないので、そこまで気にしなくてもいいかもしれません。ですが革靴をはく機会が多いなら、ぜひ知っておいてください。

人のつま先のかたち。とくに変わりはないように思えますが実は3種類ほどあり、それぞれ特徴があるそうです。人差し指がいちばん長いギリシャ型に、指の長さがほとんど同じスクエア型。最後が親指がいちばん長く、小指に沿って短くなってい行くエジプト型。大きくはこの3つに分けられていて、それぞれあう靴が違います。ギリシャ型はラウンド型という先が丸く作られたタイプがベスト。スクエア型は先が四角くなっている、フレンチタイプ。エジプト型は親指部分が少し長くなっているオブリークタイプ。あくまでこれは基本的にあうタイプなので一概にはいえませんが、基本に沿って靴選びをするとトラブルが少なくなるはずです。

サイズはあるようでないものと思え

最後は靴のサイズ。大人になってからだと靴のサイズは変わらないものと思われていますが、実は結構変わっている人が多いんだそうです。それにメーカーや靴のタイプによっても微妙にはいた感じが変わってくるので、あまりサイズにはとらわれず、目安となるものだと考えるのが無難です。

またベストなサイズははいたとき、つま先と靴の先が0.5~1センチほどあいている状態。ただはいただけではどの程度あいているのかわからないので、できれば中敷きがついている靴を選ぶようにしてください。中敷きを足にあてて、どの程度ゆとりがあるのか確認することができるからです。ただゆとりを持ちすぎると今度は靴のなかで足がズレてしまい、靴擦れやマメ、タコなどの原因になります。締め付けが苦手だからと余裕のありすぎる靴を選ぶのは、フィッティングの観点からはNGです。

サイズ、デザインだけでなく幅や甲、かかとの部分までチェックするのがフィッティングのポイントです。つま先のかたちにも注目してみるとよりトラブルがない、ぴったりの靴に近付けるでしょう。ただ難しいのはデザイン性とのバランス。あまりにぴったりの靴をつきつめてしまうと、最終的に残るのは本当にごくわずかになってしまいます。中敷きを変えるなどし、うまくデザインとのバランスを考えながらぴったりの靴を選んでください。



Copyright© 2014-2017 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.