足にあわない靴が招くトラブル

靴を選ぶとき、デザインやスタイルを重視する人は多いでしょう。ですが本当に大事なのはフィッティング。自分の足の甲高や幅などの細かい部分にまで気を配り、足のかたちにぴったりとあった靴を選ぶことです。あっていない靴を無理矢理はいていると、思わぬトラブルを招いてしまいます。

あわない靴で、体がゆがむ?

あわない靴をはいていると足にトラブルが、というのは女性によく起こります。女性だとハイヒールのような、ただでさえ足に負担がかかるスタイルの靴をよくはくためですね。ですが男性がよくはく革靴や、それこそスニーカーでもトラブルは起こります。

例えばもっとも多いのが靴擦れ。新品の靴や革靴など、生地が固いうえサイズがあっていないとよく起こるようです。歩くたびにかかとなどが擦れ、次第に擦り剥けてしまうのです。ですがもっともよくあるトラブルですので、靴下をはいたりかかとの部分にクッションシールを貼ることで軽減できます。ただ足の甲高があっていなかったりするとかかとではなく、足の甲に靴擦れができることもありますので気になる人は生地がやわらかく、ぴったりサイズの靴を選びましょう。

ですが靴擦れ程度なら誰でも一度は経験していますし、確かに痛いですがそれほど重大なトラブルというわけではありませんね。ただ甘く見ていると、歩けなくなるほどのトラブルが起こることもあります。

男性の靴トラブルで多いのは足のタコやマメ。あっていない靴をはき続けることで小指の外側や付け根にタコやマメができ、歩くたびに痛むといったもの。しかも治療せずに放置していると、痛む側の足をかばいながら歩くため体全体がゆがんでしまうそうです。足のタコやマメのせいで、腰痛や膝痛などが起こることも考えられます。ほかにも巻き爪になってしまうこともあるそうですよ。たかが靴ですが、されど靴なのですね。

あわない靴は中敷きでカバー

では足にあっていない靴は、どんなにデザインが気に入ったとしてもあきらめなければいけないのか。あまりに無理がある靴だとあきらめなければなりませんが、ある程度なら中敷きでカバーができます。

より足にフィットさせるには、足の骨が描いているアーチを支えてくれるような立体的な構造をした中敷きがおすすめ。足の骨が描くアーチがくずれると、体全体のバランスも崩れやすくなり、あちこちに痛みや違和感が生じるそうです。しかもそのアーチは骨同士がくっついてできているわけではなく、周囲の筋肉などに支えられてアーチを作っているので意外と崩れやすいんだとか。とくに加齢で筋肉などが衰えてきたり、運動が趣味だと崩れやすいので気を付けるようにしましょう。

おすすめなのは中敷きだけでもオーダーで作ること。靴を足型をとるようなフルオーダーで作るとそこそこの値段がしてしまいますが、中敷きならまだリーズナブル。最近は中敷き専門店のような、足と靴の健康を意識した店も増えてきました。現在の靴に歩きにくさや違和感、痛みがあるならば一度中敷きを検討してみるのがおすすめです。

今までは女性に多いと思われがちだった靴にまつわるトラブル。ただ最近は男性靴にも様々なデザイン、スタイルが取り入れられたものが増えてきたので、トラブルで悩む男性も多くなってきたようです。さらに最近の健康ブームで運動をする中高年が増えたことも、靴トラブルが増えている一因なんだそう。たとえ足に負担のかかりにくいスニーカーでも長年それで運動を続けていれば、ゆがみや痛みがうまれます。年齢を重ねてからのトラブルは改善しにくい傾向にあるようですので、痛みが起こる前に中敷きなどでうまく予防できればベストですね。



Copyright© 2014-2017 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.