オーダーメイドの国産革靴!ヒロヤナギマチの魅力

かつて、革靴市場は海外のブランドや職人の影響力が非常に強く、日本のブランドや職人はあまり数が多くありませんでした。しかし、現在では海外で修行した日本人の職人や、日本の高い技術力を活かした日本ブランドなどが積極的に参入しており、日本製革靴の選択肢も多様なものとなりました。
そんな日本の革靴ブランドの中でも、非常に高いクオリティの高級革靴を制作するブランドとして、ひときわ強い印象を与え続けているのがヒロヤナギマチです。

ヒロヤナギマチはどんなブランド?

ヒロヤナギマチは日本の靴職人が集まったシューメーカーブランドです。ビスポーク(オーダーメイド)革靴のパイオニアとも言われており、極めて高いレベルを誇る、世界クラスの技術力をそなえた靴職人が揃っています。
最大の特徴はやはりオーダーメイド。各個人に合わせて一から制作するフルオーダー(フルハンドメイド)や、用意されたベースを足の形などに合わせて手直しするモディファイオーダー、サンプルとして用意された完成形から選ぶ形で制作するパターンオーダーなどの形式が用意されています。
もっとも足に馴染む靴が期待できるのは言うまでもなくフルオーダーですが、予算に合わせてランクを選ぶことが可能です。もちろん、モディファイやパターンで制作された靴も、極めて高いクオリティを誇っています。

オーダーメイドについての理念

オーダーメイドの革靴は、「足が先にありき」という理念のもとで制作されています。これは通常の靴は「靴が先にありき」、すなわち先に靴が用意されていて足に合う靴を選ぶ形となりますが、オーダーメイドの靴は足の形に合わせて最適な靴を後からつくるもの、という考えです。
客がどのような靴をどのような気持ちでつくって履きたいのか、をしっかりと汲むことで、客の気持ちや足にフィットした靴をつくることを心がけています。そのため、オーダーメイドの革靴をつくる際はしっかりと職人と客が対面し、顔を合わせた状態でリクエストや寸法の調整を行うのです。

費用は高いが、品質は一級品

ただでさえ費用がかさみがちな革靴を、さらにオーダーメイドでつくるとなると、どうしても費用は高くついてしまいます。しかし、大金を払うだけの価値がヒロヤナギマチの革靴には確かにあるのです。むしろそれだけの価値があるからこそ、ヒロヤナギマチはオーダーメイド革靴ブランドのパイオニアとして、現在まで一線を駆け抜けてくることができたとも言えるでしょう。
用意されたパターンから馴染むものを選ぶパターンオーダーは14万円から20万円。
サンプルを履いてみて、感じた不具合などを調整するモディファイオーダーは25万円から30万円。
そして足やリクエストに合わせて完全に一から制作するフルスクラッチオーダーは35万円から40万円となります。
どれもそうそうたる金額ですが、完成品の革靴は、世界レベルの技術を誇る職人があなたのためだけにつくった一足です。まさしくこれ以上はないと言えるほどの一級品となるでしょう。一世一代の買い物となりますが、このような最高級品を持っておくと男としても箔がつくというものです。何か大きな成功を納めた時の記念品として購入するのもよいでしょう。



Copyright© 2014-2017 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.