「非モテ」を避けるために

靴の失敗が招く「非モテ」。特に不潔な「ボロ靴」でデートに出かければ、間違いなく悪印象を持たれます。「きっとシャワーも浴びてこなかったんだろうな」と思われてしまうかも…! だから、靴選びは大切です。

靴選びに失敗して被ることになる害の中で、もっとも切実な問題が「非モテ」です。全体的な印象を損ねる珍妙な靴、ボロボロの靴を履いていると、確実に女性からのイメージがダウンします。「モテ」のためにこそ、靴選びには細心の注意を払う必要があります。

エキセントリックな靴もNG

本当のオシャレ上級者は、コーディネートのハズシとしてあえて靴に珍妙なものを選ぶことがあります。しかし、それを初心者が形ばかり真似ると、「?」というファッションになります。「カッコ良さ」を狙っているのがバレバレなので、この失敗は寒々しい印象も与えてしまいます。そんなイタい男にならないためにも、うかつな「ハズシ」は禁物です。

負のスパイラルが続く「ボロ靴」

何年も同じ靴を履き続けているという男性も、特に中高年の方には多いのではないでしょうか。定期的なメンテナンスを行っている革靴ならまだしも、使い古しのスニーカーでデートに出かけるのは、最悪な行動です。「ボロ靴」は、相手に不潔な印象を与えます。

靴は外見の大事なカギです。ここで「不潔感」を与えると、より具体的なイメージダウンを招くことになります。「きっと部屋の中も汚いんだろうな」「シーツとかも滅多に洗わないんだろうな」「もしや、お風呂も3日に1回なのでは?」いわれのない誤解であれ、一度そう思われてしまえば、そこで終了です。女性は、不潔な男性を生理的に受け付けません。

うまく良い「誤解」をさせて

恋愛を左右するのは一時的な気の迷いのようなものです。たとえ外見的に特に優れた人でなくても、靴で好印象を与えると、うまく「素敵!」と誤解してもらえる可能性もあります。結果的に女性と接触するチャンスも増え、デートを重ねるうちに、センスも磨かれていくはず。より良い靴を選ぶことができれば、あらゆる意味で人生のクオリティが向上していきます。

このサイトで紹介している情報も参考にしながら、あなたに似合った靴を見つけてください。「モテ」を得ることができれば、男の毎日は忙しくなります。バイアグラやオトナのおもちゃなども必要になるかも…! カッコいい靴で歩む道の先は、ハーレムに繋がっている・・・のかもしれません。



Copyright© 2014-2017 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.