エドワードグリーンを履いてスタイリッシュにいきましょう!

1890年、エドワードグリーンは3人の息子達と一緒にイギリスのノースハンプトンで紳士靴を作り始めました。経営が危うい時代もありましたが、靴デザイナーのジョン・フルスティックによってブランドが買収され、再びトップブランドの座に返り咲く事に成功!上品なデザインでとても履き心地が良いそのシューズは、世界共通の魅力を有する、一目で他の靴との見分けがつくほどのシューズになったと言えるでしょう。

職人さんによる手作業によって作られた靴は、品質としては最高級のカーフスキンが使われています。全てにおいて職人さんのこだわりを感じられるそのシューズは、紳士靴の最高峰と言っても過言ではありません。洗練された、他のブランドとは一線を画しているブランドが好きな人にオススメのシューズです。

コラボレーションシューズ

1980年代以降は、積極的にコラボレーションシューズに取り組み、力を入れてきました。ラルフローレンやバーニーズニューヨーク、ハーディエイミスとのコラボレーションは当時話題を集めました。

バッキンガム宮殿近衛兵のブーツ

エドワードグリーンは、バッキンガム宮殿の近衛兵が履くブーツを作っている事でも知られています。靴と言えば黒色という価値観を打ち破り、ブラウンのアンティーク加工を開発!ただのブラウンではなくて、アンティーク風の雰囲気を味わうという事も世の中に広めました。この、新品ながらも何年か履き込んでいるかのような風合いを施した加工が当時話題になって、他の英国靴ブランドとは一味違う製品という事が認知されたと言えるでしょう。

完成された木型「202」

デザイナーのジョン・フルスティックの晩年、1990年代半ば頃には、旧「202」を元に、より多くの人達の足にフィットするように改良された「202」が登場しました!この「202」は歴史上最も完成された木型と言われ、話題になりました。その木型は、他のブランドにはない、並外れた履き心地で、一度味わうと忘れられなくなるほどのものでした。ただ単に美しいだけではなく、抜群の履き心地も兼ね揃えているところが、最大の魅力だと言う事ができます。

エドワードグリーンは、でき得る限りの上質を求めるという哲学通り、伝統を重んじながらも洗練された品格のあるシューズを作り続けてきました。世界でもトップクラスのブランドにまで発展し、今も多くのファンを魅了しています。自分の足にフィットする感覚は、履いた人でないと知る事ができません。とても頑丈で抜群の履き心地を誇るエドワードグリーンのシューズは、他のブランドにはない上品さや軽快な履き心地を求める人にもオススメなシューズです。



Copyright© 2014-2017 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.