避けられない敵「むくみ」と戦う

靴選びの失敗が招く弊害でもっとも多いのが、むくみ。窮屈な靴、大きめの靴を履いていると、どうしても足に血が溜まりやすくなります。長時間の座り姿勢もむくみを招く原因です。マッサージ法を覚えておくと、重宝しますよ。

間違った靴を選ぶと、足のむくみを誘発することになります。特にむくんだからといって健康的な実害は感じませんが、「なんか気になるな…」と、心理的なストレスを味わうことになります。当然のことながら、避けられるならば避けた方が良い問題でしょう。

むくみを招く靴とは?

サイズの合わない靴を履いていると、当然のことながらむくみに襲われることになります。しかし、必ずしも「窮屈な靴」ばかりが悪いわけではありません。大きめの靴もまた、むくみを招きます。ゆとりがある分、足が膨らみやすいというデメリットもあるようです。

ジャストフィットの靴を選べばほとんど避けられる問題ではありますが、そもそも靴の中の構造が悪ければ、やはりむくみは不可避です。安物の靴を買うと、そういう意味でも損をすることになります。「履き心地」に定評のあるものを選ぶべきでしょう。

長時間の座り体勢のときは…

新幹線や飛行機や夜行バスでの移動。あるいはオフィスでのデスクワークでは、長時間の座り姿勢を強いられることになります。すると自然に足の方に血が流れていき、血流が悪くなってむくみが発生します。定期的に足の位置を変えるなどの対処法が必要です。

靴を脱ぐのも1つの手です。TPO的に許されないシーンもありますが、それ以外のときは、窮屈な靴は脱いでおきましょう。スリッパに履きかえるだけでも開放感が味わえるはずです。もし状況が許すならば、むくみを解消するマッサージにも挑戦しましょう。

むくみ解消のために

まずは、足裏全体をマッサージしていきます。両手で足裏を包み込み、もっとも力を込めやすい親指を使って刺激しましょう。見逃されがちですが、足裏と同じく、足の甲のマッサージも実はむくみ解消に効果を上げます。これも同様に、母指で圧迫していきます。痛みを感じるところは、無理をせずに、何回かに分けて優しくマッサージしてください。

どれだけ良い靴を履いても、その日の歩行距離や体質によっては、むくみを完全に避けることはできません。うまくむくみと付き合う術を覚えておくのも大切かもしれません。
1回でマイナス3センチ!劇的に痩せる足のむくみ解消マッサージ☆|カラコロキレイ



Copyright© 2014-2017 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.