男性も興味津々?イージートーンの効果とは

2009年にリーボック社から発売されたイージートーン。かかとに入っている特殊なバランスボール構造のクッションにより履いて歩くだけでシェイプアップできると発売されるや否や一世を風靡しました。どこの靴屋も軒並み売り切れ、入荷しようものなら即完売なんていうことが至る所で起きていましたね。

ですがその後日本における独占販売禁止法問題をきっかけに、相次ぐ転倒事故。さらに最大の目玉として掲げていた「28パーセントヒップアップ可能」という効果が根拠のないものだったといった問題が立て続けに起こり、人気も下火に。あっという間に「効果がない靴」というレッテルが貼られてしまいました。ですが本当に効果はないのか。実際に履いてみた人の感想などをもとに、効果のほどを検証してみましょう。

基本構造から見る、効果

まずはイージートーンのいちばん肝心な構造から。この靴の目玉はかかとに入っている、バランスポッドと呼ばれる部分。かかとの部分に意図的に多くの空気が注入されていて、履いてみるととても不安定な状態になります。雰囲気としてはゴムボールをかかとにはさんで靴をはいているような状態。そのためこの靴をはいて立っているだけでもなかなか安定しないので、無意識にバランスを保とうと下半身の筋肉を使う。なので普通の靴をはいて運動するよりも効果が高い、というのが基本の構造です。

確かにかかと部分を不安定にして下半身を鍛えるというコンセプトは、今まで様々なフィットネスに取り入れられてきました。身近なところではアイディアグッズとして主婦たちのあいだで大流行した、つま先立ちしかできないスリッパ。ほかにもゲッタバランスなど、不安定な足元を利用したエクササイズグッズはとても豊富です。そしてどのグッズも一定数の効果をあげているということも事実。もちろんこうしたグッズに頼り過ぎてほかの努力を一切しないのでは効果はないかもしれませんが、ダイエットやシェイプアップの補助的な意味合いで取り入れるなら十分効果が見込めるでしょう。

またリーボック社ではかつて転倒事故が相次いだことを受けてなのか、不安定さに差をもたせたイージートーンの姉妹モデルを展開しています。運動用として使うのではなく日常的に履くため、今までよりも空気が少なくされ、安定性が高くなっているスリムトーン。逆にジムなど、安定した足場で使うことを想定されているトレイントーン。これはイージートーンよりも不安定さが増しているのでより高いシェイプアップ効果が期待できます。しかし日常的に使うには危険が高いので、どんな場面で使いたいのかを考えながら選ぶといいでしょう。

最初はスリムトーンで慣れていこう

当初は主に女性をターゲットとして販売されていたイージートーンですが、密かに男性からの指示も集めつつあるようです。それを受けてか、男性でも履きやすい無難かつパッと見ではイージートーンとわからないようなデザインも販売されています。周囲にバレないようにこっそりとシェイプアップしたい男性にウケているようです。

ただ実際にイージートーンを履いて1日立ち仕事をした人の感想を見てみると、とにかく疲れる。普通1日中立ちっ放しだとかかと部分が痛くなったりしますね。ですがイージートーンの場合、ふくらはぎなど脚全体が重く疲れてくるんだそうです。さらに荷物を持ったりするときにバランスを崩しやすく、慣れていないと本当に事故につながりかねないとも書いてありました。なのでいきなりイージートーンデビューするのではなく、安定性が高いスリムトーンから慣れていくのがおすすめです。

確かに運動効果は低めですが、シェイプアップでいちばん肝心なのは継続すること。短期間で一気にやせるよりもゆっくりと少しずつ筋肉をつけながらの方がリバウンドもしにくいといわれています。焦って難易度の高い靴に挑戦してケガをしてしまっては元も子もありませんから、少しずつ慣れて行きながらレベルアップしていきましょう。

中高年にとって肥満は大敵。より厄介なのが内臓脂肪が多く、見た目では肥満と分かりにくい隠れ肥満。イージートーンのようにバランスを保つことで鍛える方法の場合インナーマッスルを鍛えられ、隠れ肥満撃退に効果があるといわれています。生活習慣病だけでなくEDや薄毛といったことの原因になりかねませんので、ぜひシェイプアップに励んでください。ちなみにEDや薄毛なら、肥満が一因だとしても服薬によって改善することが可能です。EDはバイアグラやシリアス、薄毛ならばプロペシアといった治療薬がありますので、短期間で改善したいならば専門医に相談してみましょう。もちろん肥満が引き金になっている場合もありますので、治療薬によって一時的に改善したとしても努力は大事。いくつになっても健康的でいたいなら尚更ですね。

様々ないわくはあるものの、ある程度効果は見込めるイージートーン。ですがいちばん大事なのはこうした便利なアイテムに頼り過ぎず、努力をすること。それさえ忘れなければ長くかかったとしても結果は出るはずです。



Copyright© 2014-2017 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.