老若男女の市民靴・DUNK

NIKEスニーカーの代表的なモデル、「DUNK」。シンプルな作りが魅力的なバスケットシューズです。10代・20代の方はローカットで、オーバーエイジはハイカットを選んで履きこなしましょう。

世界のスポーツブランドでもっとも有名なのは、おそらくNIKEでしょう。スニーカーの業界でもいくつもの普遍的な作品を送り出しています。特に、老若男女問わず履ける「DUNK」というモデルは、発売からかなり経った今でも、大人気のスニーカーです。

2つの形を知ろう

DUNKはそもそも、バスケットボールプレーヤーためのシューズです。いわゆる「バッシュ」というジャンルの靴で、多くの「バッシュ」がそうであるように、ハイカットのデザインが一般的です。しかし、普及が進むに連れて、ローカットのモデルも発売されるようになりました。街履き用のDUNKは、ローカットの方がより一般的のようです。

もっとも、特に中高年の方には、ハイカットのDUNKがおすすめ。ローカットには、少し子どもっぽい印象があります。素材にもよりますが、DUNKはかなり軽めのスニーカーでもあるので、ハイカットでも「窮屈さ」や「疲れ」を感じることはありません。
NIKE DUNK | wikipedia

素材、カラーバリエーションが魅力

DUNKの魅力は、そのバリエーションの豊かさです。「素材×カラー」の組み合わせで、かなりの数のモデルがあります。春夏向きに一足、秋冬向きに一足持っていても良いでしょう。オーバーエイジの方には、肉厚な革を用いた「DUNK PREMIUM」をおすすめします。ガンガンと履いて、自分だけの「味」を出していきましょう。

自作でマイ・DUNKを作ろう!

NIKEでは、不定期的にスニーカーのオーダーメイドを受け付けてくれます。DUNKをはじめとする人気のモデルを、自分なりのカラーを選んで作ることができます。とことんファッションにこだわりたい方は、こまめにネットで情報をチェックしておきましょう。

ちなみにオーダーをしても、ほとんど2万円を超えることはありません。贅沢なオリジナルDUNKを手に入れることができれば、そこら中を元気に歩き回りたくなるはず!

性別・年齢を問わず履きこなせるDUNKは、どこのショップでも必ず扱われているモデルです。とりあえず街に下見に行って、足入れをしてみてください。軽快な履き心地にびっくりするはず。オシャレ初心者にも、とてもおすすめできるスニーカーです。



Copyright© 2014-2017 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.