素足で履く!夏の新定番デッキシューズ

ここ数年、暖かくなってくるとCMでもよく流れるようになったデッキシューズ。靴屋を見てみても、結構な種類が置いてありますね。見た目はちょっとおしゃれな学生靴のような印象を受け、モカシンとそっくりな見た目をしていますが、新たな夏のメンズシューズとして人気を集めているのです。

デッキシューズって?

まずはそもそも、デッキシューズとはどんな靴なのか。見た目はモカシンシューズそのままですが、きちんと違いがあります。それを極端に簡単にいえばデッキ、つまり船の甲板を歩くために作られた靴ということ。そのため靴底の部分はゴムでできていて滑りにくく、足の甲にあたるアッパー部分の革にはオイルを含ませるなどの防水処理が施されています。また靴底のゴムは、一般的なスニーカーと比べるととても柔らかい材質のものが使われることが多くデッキのような場所では格段に滑りにくい仕様になっています。ただその反面、アスファルトなどのかたい地面で使用するととてもすり減りやすくなってしまうデメリットも。普段履きとしてはすり減りやすいというデメリットはあるものの、やわらかい材質で足にやさしく、とても履き心地のいい靴といえるでしょう。

そしてデッキシューズが注目されるきっかけになったのがここ最近のマリンスタイルの流行。かつての船乗りたちが着ていたようなアイテムを取り入れたスタイルは、本当に流行していますね。ただ中高年男性がマリンスタイルを取り入れるのは正直難易度が高く、とても難しいです。ですがデッキシューズならばOK。デッキシューズといってもスリッポンのようなカジュアルなものからスウェード調、革製などとてもバリエーション豊か。大人の男性が好むスタイルともあわせやすいので、サンダルに代わる夏の代表的シューズとして注目を集めつつあるのです。

大人な雰囲気漂うおすすめデッキシューズ

全体的にカジュアルで、若々しい印象を受けるデッキシューズ。中高年が取り入れるとなると難しそうですが、探せば普段履きにも十分使える大人な雰囲気漂うデザインがたくさんあります。

いくつか紹介していくと、最初はDanassa(ダナッサ)のデッキシューズ。ワインレッドやブラウンなど、全体的に渋みの強い色が多く、使っている生地も牛革。落ち着いた雰囲気だけでなく、きちんと高級感もあるのでジャケットスタイルやスラックスともあわせやすいデッキシューズです。ほかにもatmos(アトモス)やSHIPS(シップス)辺りも大人の男性が履きやすいデザインのデッキシューズを展開しています。

ただ実際にデッキシューズを見てみればわかるのですが、見た目は本当にモカシンシューズそのもの。しかもモカシンシューズの方が大人っぽいデザインのものが多く、ファッションとして取り入れやすいです。ですが実際の履き心地が違い、素足で履くことを想定して作られていることが多くなっています。夏はやはり素足で涼しく、と思うならばぜひデッキシューズを取り入れてみることをおすすめします。どうしても素足で履くのは抵抗がある場合はデッキシューズ専用のソックスもあり。普通のソックスよりも履き口が大きくなっているので、見た目は素足で履いているように見えます。においやムレが気になるのであれば専用のソックスを取り入れ、夏らしい涼やかな足元を演出しましょう。



Copyright© 2014-2017 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.