正しい保管方法でより長持ちさせよう

靴、とくにスニーカーを長持ちさせるには保管方法が肝心です。革靴のように手入れさえしっかりしていれば一生モノ、というわけにはいかないスニーカー。どうしても長年の間には劣化してきてしまい、いつかはダメになってしまいます。ですが保管方法を正しくするだけで、寿命をグッと伸ばすことが可能なのです。大事なお気に入りのスニーカー、できれば長持ちさせたいですよね。

スニーカーの大敵は、加水分解

スニーカーの保管で大事なのが、加水分解を防ぐこと。加水分解とはスニーカーの靴底に使われているウレタン系の素材と空気中の成分が化学反応を起こす現象のこと。これが起こると靴底がとてももろくなり、ボロボロになってしまいます。とくにレトロなランニングシューズに使われている素材は加水分解の影響を受けやすく、プレミアがつくような古めのスニーカーに起こりやすいよう。そのため過去に手に入れたレアなスニーカーを履こうと箱をあけたら靴底がベロン、ということもしばしば。実にスニーカー好き泣かせな現象なのです。

ただスニーカーマニアでない限り、加水分解なんてものは知らないはず。そのため一般的には経年劣化でダメになってしまったと誤解されやすく、多くの人が勘違いしたまま新しいスニーカーを購入し、同じように加水分解でダメにしてしまっています。ですが普段の保管方法を少し気を付けるだけで、加水分解は防げるのだそうです。

スニーカーの正しい保管方法

では加水分解防止を含め、スニーカーを長持ちさせるにはどう保管すればいいのか。まず最初はシューキーパーを使い、型崩れさせないようにすること。ブーツや革靴にシューキーパーを使う人は多くとも、スニーカーに使っている人は少ないはず。ですがスニーカーもシューキーパーを入れていないと変な部分にシワが寄ったり、傾いたクセがついてしまったりします。毎日履くのであればそこまで必要ではありませんが、1週間以上履かないのであればぜひシューキーパーを入れておきましょう。

そして保管場所です。スニーカーを保管する場所は基本的には直射日光が当たらない、風通しのいい場所。多くのスニーカーならこの条件をクリアした場所に保管しておけば、そこまで早く劣化しません。ですがランニングシューズのような、フォーム素材と呼ばれる素材でできた靴底を持つスニーカーの場合はこれだけでは不十分。加水分解してしまい、履こうと思って出してみると靴底が破裂してしまっている可能性があります。

そこでランニングシューズなど加水分解しやすい素材のスニーカーを保管するならとにかく除湿を心がけましょう。おすすめはジップロックのような密閉できる袋に乾燥材とともに入れておく方法。食べ物と比較するのは語弊があるかもしれませんが、ノリや煎餅と同じような方法で保管すると劣化を遅らせることが可能です。またこの方法は加水分解だけでなくカビや変色など、スニーカーのあらゆる劣化を遅らせるのに有効なので、お気に入りならばぜひ試してみてください。そして長期間保管するなら、さらに購入したときにスニーカーが入っていた箱に入れておくとベストですよ。

カジュアルで手入れの手間がないのがある意味魅力であるスニーカーですが、本当に好きな人たちはこれでもかといわんばかりの手間をかけています。保管方法はもちろんのこと、毎日履いたあとにブラシで汚れを落としたり小まめに洗ったり。ただ動きやすい、履きやすいからといった理由でスニーカーを履いている場合、そこまで手間をかけることは難しいですね。それならせめて、長持ちさせる保管方法だけでも実践してみましょう。せっかく気に入って購入したのですから、やはり長く履いてあげるのがいちばんですよ。



Copyright© 2014-2017 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.