イギリスからの刺客・クロケット&ジョーンズ

ビジネスシューズの有名ブランドの中で、オールデンと同等の人気を得ているのが、クロケット&ジョーンズです。最近流行しすぎているオールデンを嫌い、あえてクロケの靴を選ぶ天邪鬼も多いとか。デザインもシックで、スーツスタイルにばっちりとハマります。

オールデンとの違い

クロケット&ジョーンズとオールデンのもっとも大きな違いは、出身地です。そもそもオールデンはアメリカ生まれ。対してクロケット&ジョーンズは、イギリスで生まれたブランドです。他にもジョージコックスなどが生まれた、英国靴の聖地と呼ばれるノーザンプトンで、熟練した職人たちの手によって作られ、今日まで支持されてきました。オールデンよりも5年歴史が長いこともあって、「本物志向はクロケ好き」という風潮もあります。

肉厚な革に酔いしれる

クロケット&ジョーンズの靴の特徴は、とにかく革の質が良いところです。肉厚で傷みにくく、長く使えるというメリットがあります。20代で奮発して手に入れて、40代まで履きつづけているという男性も少なくありません。履けば履くほど革の「エイジング」が進み、まるで人間の肌と同じように老いて、かつ魅力的な「味」を出していきます。

オシャレの最先端・イギリス生まれなこともあり、装飾性も抜群。ちょっとオールデンでは地味かな? というヤンチャなオヤジには、ぴったりかもしれません。イギリス製のスリムなスーツの足元にも、もちろんクロケット&ジョーンズは華を添えてくれます。

味を出した後は、普段履きに

ガシガシと履きこんで、ビジネスには使えなくなったら、普段履きとして使ってもOKでしょう。ウールのスラックス、ダメージジーンズ、そういったオヤジのアイテムに、クロケはしっくりと馴染みます。ソールのリペアを繰り返せば、生涯履きつづけることも可能かもしれません。相場7万円程度の価値は必ず感じられる高級品です。

本物のビジネス靴を手に入れて、あなたも男の「格」を上げましょう。これまでオールデン一本槍だった人も、ちょっと浮気して、ショップを覗きに行ってみてください。イギリス生まれのオシャレなビジネスシューズとの邂逅が、きっとそこであなたを待っています。



Copyright© 2014-2017 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.