国のカラーは革靴にも出る!生産国ごとの特徴を再確認

一口に革靴と言っても、様々な生産国やブランドが存在します。そしてそれぞれの国やブランドに応じて、革靴にもまた多様な特徴があらわれるものなのです。 贔屓の国やブランドにこだわって履き続けるのも一つの美学ですし、靴の特徴に合わせて選ぶのも効率的な方法と言えるでしょう。

伊達男の国イタリアはシリアスからコミカルまで幅広い

イタリアの革靴にはおしゃれ、伊達といったイメージがつきまといがちですが、ただそれだけではありません。 イタリアの革靴職人やブランドは独自の美学を貫いているものが多く、それぞれが様々な方向性を目指しているため、結果として作られる革靴もまた多彩なラインナップとなっています。定番のイメージにしっくりくるような小洒落たもの、素材やカラーリングで個性を出しているものもあれば、かなりシンプルかつストイックで、非常に生真面目な仕上がりとなっているものもあるのです。 イタリアの革靴は一言でくくることができません。しかし、イタリア製革靴のラインナップは非常に幅広いため、この一国で様々なニーズにこたえることができるでしょう。

伝統を重んじるイギリスと、それに連なるアメリカ・スペイン・ドイツ

世界で初めて革靴を産業のラインに乗せた国こそが、イギリスです。そして革靴のパイオニアとして、伝統と歴史を重んじたものを作り続ける国でもあります。 個性的なカラーやデザインよりも、簡素で履きやすい、万人受けするスタンダードな革靴を中心に生産しています。積み重ねた伝統によって支えられている靴は履き心地もよく、まさしくストイックと言うにふさわしい仕上がりとなっているのです。 また、アメリカ、スペイン、ドイツの革靴はイギリスの流れを汲んでいると言われています。 アメリカは履きやすく頑丈なイギリス靴をベースに、さらに誰もが履きやすい、親しみやすいデザインへと発展させています。 スペインはイギリスの靴よりも価格を抑え、費用対効果に優れた靴を生産しています。またイタリアにも見られるようなアレンジを加えており、イギリス靴よりも一歩進んだおしゃれさを兼ね備えた仕上がりです。 ドイツの革靴はとにかく堅実なつくりとなっており、ひたすらに実用性を追い求めた仕様になっています。シルエットはやや鈍重で、底が厚く丸っこい印象を受けます。その代わりん非常に頑丈で、適切な手入れがあれば他のものよりはるかに長持ちするでしょう。

新進気鋭の先端技術を用いた日本

日本の革靴文化は、正直なところヨーロッパ各国よりも遅れていました。しかし、近年その評価を覆しつつあり、細部にまで配慮した緻密な技術によって少しずつ人気を集め始めているのです。 履き心地を追求したものが多いため、どうしてもデザインが二の次になってしまい……これまでは、長持ちするし履きやすいが、やぼったいという定評がついていました。しかしその点においても、実用性とデザイン性とを両立させた革靴が発表されてきており、見直されつつあるのです。 また日本の革靴を購入する場合、関税などが一切かからないため、価格を安く抑えやすいのも魅力の1つと言えるでしょう。さらに、国内ブランドであるため修理や手入れの依頼も気軽にできるのも強みです。



Copyright© 2014-2018 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.