キャンバス地スニーカーの手入れ方法

コンバースを代表とするキャンバス地スニーカー。運動靴や上履きなど、幅広い靴に使われている素材で扱いやすいのも特徴です。ですがそれでもきちんと手入れしないと傷みが早くなってしまったり、逆に傷ませてしまうことも。基本であるスニーカーだからこそ手入れの方法を知っておきましょう。

コンバースの基本のお手入れ

キャンバス地スニーカーの手入れの基本は、ゴシゴシ洗いとなります。しかし乾いた状態の靴をいきなりゴシゴシこするのは生地を傷める原因になるのでNG。靴ひもを抜いた状態の靴をまずはぬるま湯に浸し、落ちやすい汚れを溶かしだしましょう。ちなみに靴ひもは石けんで手もみ洗いするといいですよ。

こするときは歯ブラシと歯磨き粉を使うのがおすすめ。最初は水にぬらしただけの歯ブラシでざっくりと汚れを落とし、そのあと歯磨き粉をつけて落ちにくい汚れをこすり落としていきます。歯磨き粉以外では洗濯用洗剤、固形せっけんでもOK。またキャンバス地スニーカーの大御所であるコンバース社がすすめている洗剤は、洗剤と重曹をまぜた磨き粉。重曹の細かい粒がクレンザーのような役割をしてくれるので、洗剤だけのときよりも汚れが落ちやすくなります。

そして磨くときに気を付けたいのがソールのゴム部分。ほかのキャンバス地と違い傷がつきやすく、傷つくと割れたりひびが入る原因になります。ゴム部分はこすり過ぎず、黄ばんでしまっているときはメラミンスポンジなどを使い、ゴムを傷つけないよう落としましょう。

汚れがきれいにとれたらしっかりとすすぎ、洗剤を完全に洗い流します。洗剤の洗い残しも傷みや汚れの原因になりますので念入りに。きれいにすすげたら靴のなかに新聞紙をつめて陰干ししてください。つい乾きがいいように日向に干したくなるものですが、直射日光は生地を傷めてしまいます。風通しのいい日陰で乾かすのがおすすめです。

重曹でカビ予防をしておけばより完璧

布製だけでなく、靴の大敵となるのがカビ。とくに靴はカビのエサとなる皮脂や汗に適度な湿度、温度がそろっている最適な環境です。そのため意外とカビが生えやすく、過去カビにやられてしまって靴を処分したことがある人も多いでしょう。ですが布製の靴ならば、重曹を使って簡単にカビ予防ができます。ついでに汚れ落としもできるので、一石二鳥ですよ。

方法はまず水1Lに対して重曹大さじ4を溶かした重曹水を用意します。そのなかに汚れたスニーカーを浸し、一晩浸け置き。一晩経ったら歯ブラシやスニーカーブラシなどで汚れを磨き落とし、しっかりと水分を拭き取りましょう。ここでついすすぎたくなりますが、カビ予防も兼ねているなら拭き取ること。最後にすすがないので洗剤類は使わないのがおすすめ。洗剤を使わないと落ちない汚れがあるなら、あらかじめ最初の方法で汚れを落としてから行ってください。

水分が拭き取れたら洗うときと同じように陰干しを。十分に乾けば防カビ加工の完了です。ただ完全にカビがはえないというわけではないですし、靴が濡れてしまうと効果が薄れてしまいます。雨に降られて靴が濡れてしまった場合は再度行う方がいいでしょう。

またこうした手入れだけでなく、普段の使い方も大事。かかとをつぶして履かないようにする、1日履いたらすぐに靴箱にしまわずに一晩乾燥させる。ちょっとしたことですが心がけるとよりきれいな状態で履き続けることができます。においも出にくくなりますので、ぜひ実践してみてください。



Copyright© 2014-2017 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.