大人が履きたい、ビリケンシュトック

サンダルというとどうしても若者っぽい印象になりがちで、大人っぽく履きこなすのが難しいものです。ですがそのなかで、ここ最近大人のためのサンダルとして人気を集めているブランドがあります。それがドイツ初の老舗サンダルブランド、ビリケンシュトックです。

ビリケンシュトックとはどんなブランド?

ビリケンシュトックの創業は1774年。200年以上の歴史ある老舗ブランドです。本場ドイツでは靴メーカーとして知られていますが、日本ではサンダルの印象が強いよう。レザーを基調とした落ち着いたデザイン、靴底にコルクを取り入れた柔らかな履き心地はほかにはありません。

そして何よりもビリケシュトックを有名にさせたのがフットベッド。素足が直接触れる、内側の靴底のことです。同ブランドのフットベッドへのこだわりは並々ならぬものがあり、創業当時からやわらかくそれぞれの足にベストにフィットするよう製作されてきました。創業当時のフットベッドといえば金属製や木製が主流で、固く履き心地の悪いものばかりだったそうです。しかしそのなかでいち早くコルクとラバーを組み合わせたやわらかな素材を使用し、当時としては革新的な履き心地のよさを実現しました。

現在でもフットベッドへのこだわりは受け継がれており、サンダルでありながら四層構造をしています。当時のコルクとラバーというシンプルな組み合わせも残しつつ、より足にフィットして歩きやすいよう工夫がされているのだとか。健康ブームによって靴など履物の重要性が見直されつつある今、ビリケンシュトックのこだわりはまさに流行のど真ん中といえるようです。

愛される理由はまだまだ

ビリケンシュトックが愛される理由は履き心地のよさだけでなく、長年愛用できる耐久性の高さやアフターケアの充実にもあります。特殊な四層構造によって足を包み込むようにフィットするフットベッドは、履き続けることでその人の足のかたちに変形していくそうです。そのため履けば履くほどフィット感が増し、より歩きやすくなるのだそう。

さらに落ち着いた色合いと流行に流されないデザインなので、いつ履いていてダサさがありません。レザーならではの高級感もプラスされるためいつの時代にもマッチする万能性も魅力のひとつのよう。履けば履くほど味が出る、ともいわれているそうですよ。

また万が一壊れてしまった場合の修理に関しても同ブランドは力を入れています。できるだけ長く履き続けてほしいという理念のもと、修理は職人がひとつひとつ手作業で行っているのです。そして修理費用もそこまで高くないということも魅力のひとつ。サンダルならばオールソールの交換でも左右あわせて4,500円ほどで行ってくれます。サンダルという普通ならば消耗品扱いされるものにもこだわりを持つ、という姿勢はとても魅力的ですね。

同ブランドのサンダルの価格帯は1万円前後。その季節の新作、というものになると2万円前後になることもありますが、だいたいは1万円ほどで購入可能です。こだわりがたくさんつまっている割には高すぎないのも嬉しいポイントですね。履き心地のよさはやはり一度履いてみないとわからないそうです。ぜひ一度ショップに足を運び、実際に自分の足で履き心地のよさを実感してみてください。



Copyright© 2014-2017 男の靴選びのルール男の靴選びのルール All Rights Reserved.